学資保険の必要性 - 学資保険・子ども保険の選び方、教育資金の貯め方ガイド

学資保険の必要性

学資保険の必要性 学資保険・子ども保険は、子供が生まれたら必ず入らなければならない保険ではありません。

資金計画に余裕があり、万が一の備えも今の生命保険で十分ということになると、そもそも学資保険に加入する必要はありません。

学資保険や子ども保険に限らず、保険選びで重要なのは加入する目的を明確にすることです。
口コミサイトや、ランキングサイトで人気の商品が自分にもピッタリの保険とは限りません。一度はファイナンシャルプランナーなどのプロに相談してみるのもオススメです。
まずは将来必要になる教育資金と、最低限必要となる保障を確認してみましょう。

学資保険の必要性とは

年々、増加傾向にある教育関連費用ですが、諸外国と比較しても、日本は家庭にかかる教育費用の負担割合は重いといわれています。
扶養控除の廃止や、子ども手当の見直しなど、今後の政策も残念ながらあまり見通しは明るくありません。

一方で大学全入時代と言われる今、教育資金の確保は子どもを持つ家庭では避けて通れない課題となりました。

学資保険の必要性

計画的に積み立てをしようと思えば、貯蓄でも学資保険でも、長期にわたる支出が必要になります。
貯蓄で、教育資金を積み立てる計画を立てたとして、15年や18年といった期間、毎月コツコツと貯金を続けるというのは大きなエネルギーのいることです。

保険料の支払いとして、例えば毎月の自動引き落としで、ある意味強制的に積み立てができるという点に必要性を感じる方も多いのではないでしょうか。

もう一つの必要性は、先述のとおり親に万が一の事があった時の保障です。
貯蓄では、親の収入が途絶えたら、積み立てはその時点で止まってしまいますが、学資保険を使うことで不測の事態があっても子どもに教育資金を用意してやることができます。

学資保険のメリットと基礎知識

上記も踏まえて、教育資金を学資保険で積み立てる場合、最低限必要な条件は以下の2つです。

  • 1.必要なタイミングで必要な額の教育資金を計画的に積み立てられる
  • 2.親(契約者)に万が一の事があった場合でも教育資金を保障できる

これが学資保険のメリットであり、基本となる機能です。
さらに、各保険会社の商品によって、子供の医療保障・死亡保障や、育英年金といった様々な保障が最初から付加されています。

その中から自分に必要な保障を取捨選択し、満期学資金を受け取るタイミング・積み立てる目標金額などを決めていくことで、自分にぴったりの学資保険を選ぶことができます。

学資保険の返戻率(へんれいりつ)の仕組み
教育資金はどれだけ確保すればいいか
必要な保障の選び方
ファイナンシャルプランナーに相談するメリット