学資保険とは - 学資保険・子ども保険の選び方、教育資金の貯め方ガイド

学資保険とは

学資保険の選び方学資保険の目的は本来、教育資金を積み立てることにあります。
学資保険の重要な役割は以下の2点になります。

  • 1.計画的な教育資金の積み立て
  • 2.親に万が一の事があった時も学資金を保障

学資保険は教育資金の積み立てを計画的かつ安全に行うために有効な手段です。

大学卒業までにかかる教育費用を確保

大学卒業までにかかる費用は、全て国公立の場合で約1,000万円、全て私立の場合では約2,300万円にもなります。(文部科学省 / 平成21年度 文部科学白書)

学資保険を使うと、まとまった教育資金が必要となるタイミングに合わせて計画的に積み立てを行うことができます。
マイホームや車の購入資金であれば状況に応じて予定の変更が可能ですが、子どもの教育資金はその時が来ればまったなしです。

教育資金はどれだけ確保すればいいか

万が一の時にも学資金を準備できる

教育資金の積み立てが目的であれば、学資保険と貯蓄はなにが違うのでしょうか。

学資保険を選ぶ最大のメリットは、親に万が一の事があった時の保障があることです。
学資保険では親(契約者)に万が一の事があった場合、以降の保険料は免除され、尚かつ進学金(祝い金)や満期金もちゃんと支払われます。

学資保険の必要性とは
学資保険の返戻率(へんれいりつ)の仕組み
ファイナンシャルプランナーに相談するメリット