民主党ついに子ども手当廃止の方向で調整へ - 人気の学資保険の選び方・比較、教育資金関連の最新ニュース等。

学資保険ニュース

民主党ついに子ども手当廃止の方向で調整へ

子ども手当廃止へ

今朝の読売新聞一面によると、民主党は子ども手当を廃止にする方向で調整に入ったようです。
先日ぎりぎりで可決した「つなぎ法案」の期限が9月末。
これで、10月以降は児童手当の復活の可能性が高くなりました。

東日本大震災の復興にかかる財源の確保を優先するとの判断。もともと財源全然確保できてなかったじゃん!と言う声も聞こえてきそうですが。

いっそ児童手当拡充の方が・・

そもそも子ども手当の財源確保のために子どもの扶養控除を廃止したり、支給額をたびたび減額したりでだましだましやってきた子ども手当。こんな調子で綱渡り的に今の法案を続けられても家庭の財源的にはどれぐらいプラスになるのかよくわからない状況です。
子を持つ家庭としては児童手当復活→拡充の流れも、もはやヤブサカではないのですが。

マニフェスト信じて、子ども手当を学資保険の保険料のあてにしている家庭なんかはもう振り回されっぱなしですよね。。

教育資金の確保は計画的に

子どもの扶養控除を廃止した分、負担増になる家庭をどうフォローするのか、被災地の子どもを持つ家庭も一律にしてしまうのか・・まだまだ見通しのたたない状況に変わりはなさそうです。

教育資金の積み立ては多くの場合長期間の固定支出となり、一方で、国の手当ては半年後もわからずアテになりません。
でも、だからこそ、学資保険や、学資金の計画的な積み立てはその必要性を増していると言えます。

子どもが成長し、いざ教育資金が必要になった時に「財源の確保が難しい」事になってしまっては困りますので。

子ども手当特別措置法案2012年3月まで。児童手当復活・拡充へ
学資保険の必要性