学資保険の契約者は・・? - 人気の学資保険の選び方・比較、教育資金関連の最新ニュース等。

学資保険ニュース

学資保険の契約者は・・?

通常、学資保険には、契約者(親)に万が一の事があった時、保険料払込免除といった保障がついています。
※アフラックの「夢みるこどもの学資保険」のように特則で付加するものもあります。

これは万が一の時にも、子どもに予定通りの学資金を用意してやれるので、当然必要な保障です。
学資保険の契約者は収入の中心となる父親とするのが一般的ですが、既に父親の生命保険で十分な保険を用意しており、教育資金への備えも十分だとしたら、保障の無駄がある事になってしまいます。

このような場合は、契約者を母親にする事で保障の無駄をなくし、潜在的なリスクを回避できるケースがあります。
例えば、共働きの家庭でも母親の保障まで十分用意できていないケースは意外と多いのではないでしょうか。
母親に万が一の事があると、父親も労働時間の短縮を余儀なくされる場合も多く想定以上の収入減となることも考えられます。
このようなリスクに、学資保険の死亡・高度障害保障を母親につけておくことで、備えることができます。

また、契約者を女性にすることで、返戻率を若干大きくできるメリットもあります。

他の保険との兼ね合いで、学資保険の選び方も変わってきます。
まずは既契約の生命保険を確認し、必要に応じて保障の見直しを行うのがおすすめです。