学資保険 育英年金ってどう? - 人気の学資保険の選び方・比較、教育資金関連の最新ニュース等。

学資保険ニュース

学資保険 育英年金ってどう?

最近、育英年金付の学資保険がよく発売されていますね。この学資保険はとても保障が充実しており、なんだかすごくお得に思えるのですが、実際はどうなのでしょうか?

この育英年金(養育年金)が付いている学資保険は、いわゆる「保障型の学資保険」に分類されます。ですから、貯蓄率の高い学資保険と比べると、その返戻率が 100%を下回るものがほとんどのようです。また学資保険の保険料も比較的割高になるようですよ。

もちろん、このタイプの学資保険にもメリットがあり、親などの保険契約者に万一があった時でも、満期までの間、子供の教育費用の心配はいりませんよね。これは育英年金の魅力といえます。

ただし、この学資保険で育英年金を受け取ることになった場合、所得税と住民税の対象となってしまうので、毎年受け取る育英年金の額から払込保険料を差し引いた額が所得税の対象になります。そしてまた、受取人が子供だった場合、この金額が基礎控除額である38万円を超えてしまえば育英年金を受け取る子供は母親の扶養親族ではなくなり、児童手当・医療手当などの扶養控除が受けられなくなってしまいますので、もしこのタイプの学資保険を検討されている方は注意が必要です。
また、被保険者である子供が死亡した場合、この育英年金はまったく支払われません。また、考えたくありませんが、保険契約者が自殺したとしても、この学資保険の育英年金は支払われない場合もあるようです。

育英年金つきの学資保険はじっくりと内容を吟味して選ぶ必要がありそうですね。