来年度から児童手当復活・拡充へ。子ども手当は10月~特別措置法案 - 人気の学資保険の選び方・比較、教育資金関連の最新ニュース等。

学資保険ニュース

来年度から児童手当復活・拡充へ。子ども手当は10月~特別措置法案

子ども手当の今後8月4日、民主と自民・公明3党でようやく合意した子ども手当の廃止。
そして、2012年度から児童手当の復活そして拡充がほぼ決定しました。

民主党としては、「子ども手当の理念は変わっていない」と主張しているようですが、所得制限も受け入れ、扶養控除復活も示唆する内容で、当初のマニフェストはもう原型をとどめていません。

10月からは特別措置法で支給額も見直し

子ども手当の現つなぎ法は2011年9月末が期限。
ということで、8月17日の持ち回り閣議でさらに6カ月の特別措置法案が国会に提出されました。
今国会中に成立する見通しです。

■現つなぎ法では、中学生までの子ども1人当たり:13,000円 / 月。

■特別措置法案(10月から2011年3月末まで)では・・
  ・3歳未満:15,000円
  ・3歳~小学生(第2子まで):10,000円
  ・3歳~小学生(第3子以降):15,000円
  ・中学生:10,000円

となっています。

例え名前が残ってもアテにできない"子ども手当"

もともと民主党が掲げていた「控除ではなく、手当を」というコンセプトはメリットもあった気がしますが、扶養控除廃止の後に手当の減額となると、単に増税では・・と疑いたくもなりますよね。

民主党は、児童手当の拡充をネタに「子ども手当存続します」というチラシを作って非難をあびているようです。
これは民主党に限ったことではありませんが、政党のメンツばかり気にしていまさら"子ども手当"か"児童手当"か名前だけを争っても意味はありません。

今回の見直しも含めて復興財源のねん出は必須かつ急務です。
子どもを持つ家庭への負担増も、0というわけにはいかないでしょうし、妥協点を探ることも必要かもしれません。

せめて、家庭の将来にわたる資金計画がたてられるような、恒久的で国民にとって分かりやすい制度の確立をねがいます。


学資保険の必要性
教育資金の積み立て