人気の学資保険の選び方・比較、教育資金関連の最新ニュース等。

学資保険ニュース

今回紹介する「STI学資積立プラン」は、いわゆる「学資保険」ではありません。 保険商品ではないので、契約者の万が一の時や、子どもの病気やケガに備える保障はありません。 「教育資金の積み立てと保険を分けて考えたい」という方や、「とにかく返戻率の高い運用がしたい」という方に検討の価値がある金融商品です。 STI学資積立プランの特徴は... ・返戻率最大2...

STI学資積立プラン(KFG・菊池ファイナンシャルグループ)、学資保険との違い の続きを読む

今回は、太陽生命保険の「わくわくポッケ」と、三井生命保険の「スター誕生」を比較します。 それぞれ、「こども保険」「愛児進学保険」と名づけられていますが、いわゆる学資保険です。 契約者:男性30歳 子供:0歳 学資金受け取りのタイミング:下記参照 保険料の払込方法:月払い   太陽生命保険 「わくわくポッケ」 (しっかりプラン) 三井生命保険 「スタ...

太陽生命保険「わくわくポッケ」 vs 三井生命保険「スター誕生」 の続きを読む

今回の商品比較は、JA共済の「こども共済 学資金型 すてっぷ」と、ランキングサイトでも定番のアフラック「夢みるこどもの学資保険」の対決です。 比較する条件は以下の通りです。 契約者:男性30歳 子供:0歳 学資金受け取りのタイミング:下記参照 学資金(受取り総額):300万円 保険料の払込方法:月払い ※JAのこども共済には、「すてっぷ」の他に、入園・入学祝...

JA共済「こども共済 学資金型 すてっぷ」 vs アフラック「夢みるこどもの学資保険」 の続きを読む

第一生命の学資保険「ミッキー」と、富士生命の低解約返戻金型終身保険「E-終身」学資プランの比較です。 契約者:男性30歳 子供:0歳 学資金受け取りのタイミング:18年後 学資金(受取り総額):300万円 保険料の払込方法:月払い   第一生命「Mickey」 富士生命 「E-終身」 保険料払込期間 15年 18年 15年 保険料/月 16,1...

第一生命の学資保険「ミッキー」 vs 富士生命「E-終身」学資プラン の続きを読む

8月4日、民主と自民・公明3党でようやく合意した子ども手当の廃止。 そして、2012年度から児童手当の復活そして拡充がほぼ決定しました。 民主党としては、「子ども手当の理念は変わっていない」と主張しているようですが、所得制限も受け入れ、扶養控除復活も示唆する内容で、当初のマニフェストはもう原型をとどめていません。 10月からは特別措置法で支給額も見直し 子ど...

来年度から児童手当復活・拡充へ。子ども手当は10月~特別措置法案 の続きを読む

今回は住友生命の学資保険「スミセイのこどもすくすく保険」を特集します。 設定条件は以下の通りです。 契約者:男性30歳 子供:0歳 満期学資金受け取りのタイミング:18歳 学資金(受取り総額):300万円 保険料の払込方法:月払い   住友生命 「スミセイのこどもすくすく保険」 保険料払込期間 12歳 15歳 18歳 保険料/月 19,627円...

住友生命の学資保険「スミセイのこどもすくすく保険」 の続きを読む

貯蓄性重視の商品設計と、ユニークな「兄弟割引」で人気の学資保険、フコク生命の「みらいのつばさ」。 今回は同商品の2タイプ、S(ステップ型) と J(ジャンプ型)で比較してみます。 契約者:男性30歳 子供:0歳 満期学資金受け取りのタイミング:22年後 受取り総額:S型・210万円 / J型・200万円 保険料の払込方法:月払い   みらいのつば...

フコク生命「みらいのつばさ」 S(ステップ型) vs J(ジャンプ型) の続きを読む

今回は富士生命のE-終身と、東京海上の長割り終身の比較です。 どちらも低解約返戻金型終身保険を活用した学資プランです。 比較の条件は下記の通りとします。 契約者:男性30歳 子供:0歳(今回子どもの年齢は契約には関係ないですが・・) 満期学資金受け取りのタイミング:18年後 学資金:300万円 保険料の払込方法:月払い   富士生命 「E-終...

富士生命「E-終身」 vs 東京海上「長割り終身」商品比較 の続きを読む

今朝の読売新聞一面によると、民主党は子ども手当を廃止にする方向で調整に入ったようです。先日ぎりぎりで可決した「つなぎ法案」の期限が9月末。これで、10月以降は児童手当の復活の可能性が高くなりました。 東日本大震災の復興にかかる財源の確保を優先するとの判断。もともと財源全然確保できてなかったじゃん!と言う声も聞こえてきそうですが。 いっそ児童手当拡充の方が・...

民主党ついに子ども手当廃止の方向で調整へ の続きを読む

現行の子ども手当をとりあえず半年間期間延長する「つなぎ法案」が3月31日午後に可決、成立しました。 これで、9月までは、15歳以下の子ども1人当たり月額1万3000円が所得制限なしで支給されることとなりました。 ちょうど期限となる3月31日に賛否同数→議長決裁で可決という、まさに綱渡り。 否決となれば、児童手当が復活する見込みだったものの、自治体の大混乱で...

子ども手当のつなぎ法案可決。児童手当復活の混乱は回避 の続きを読む